Latest Entries

5月の源氏物語講座のご案内(再案内)

 源氏物語講座のご案内(再案内)

4月15日付けの「5月の源氏物語講座のご案内」に、
講座の教室情報などを追加しましたので、
下記にて再度ご案内させていただきます。
なお、日付や時間等の変更はございません。

新年度最初のお知らせです。
今回より、東京大学駒場キャンパス
(京王井の頭線・駒場東大前駅)に
会場が移りますので、ご注意ください。

日時:平成29年5月28日(日)
   午後1時30分(12時30分より受付)
場所:東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE East K212教室   
   (コムシー・イースト)
東京都目黒区駒場3─8─1
場所の詳細はコチラよりご確認ください
講師:東京大学准教授 田村 隆先生
*どのテキストでも結構です。「須磨」の原文のあるものを
お持ちください。「尚侍の君は人わらへに」から始まります。
**会員証を受付でお示しください。聴講料お支払いの必要
はございません。


お問い合わせ先
紫式部学会事務局  担当:南澤
〒101─0054 東京都千代田区神田錦町3丁目11番地
武蔵野書院気付 紫式部学会事務局
電話03(3291)4859・FAX03(3291)4839
お問い合わせ時間:
平日・午前10時00分より午後5時00分まで
土曜・日曜・祝祭日ならびに年末年始
お盆休み等は休業いたしますので、
返信等は翌営業日となります。
mail : murasaki@musashinoshoin.co.jp



ご案内 ご入会申し込み締め切りについて

みなさまには大変お世話になります。

紫式部学会への御入会申し込みは、
3月末期日を過ぎておりますので、
すでに締め切りました。
今からお申し込みいただきましても、
御入会はできませんので、
ご承知おきください。
また、現在、会員数が講座の教室の収容人員の
限界に達していることもあり、
当分の間、新規会員の募集予定はございません。
悪しからずご了承下さいますようお願い申し上げます。

紫式部学会

5月の源氏物語講座のご案内

 源氏物語講座のご案内

新年度最初のお知らせです。
今回より、東京大学駒場キャンパス
(京王井の頭線・駒場東大前駅)に
会場が移りますので、ご注意ください。

日時:平成29年5月28日(日)
   午後1時30分(12時30分より受付)
場所:東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE East K212教室   
   (コムシー・イースト)
東京都目黒区駒場3─8─1
場所の詳細はコチラよりご確認ください
講師:東京大学准教授 田村 隆先生
*どのテキストでも結構です。「須磨」の原文のあるものを
お持ちください。「尚侍の君は人わらへに」から始まります。
**会員証を受付でお示しください。聴講料お支払いの必要
はございません。


お問い合わせ先
紫式部学会事務局  担当:南澤
〒101─0054 東京都千代田区神田錦町3丁目11番地
武蔵野書院気付 紫式部学会事務局
電話03(3291)4859・FAX03(3291)4839
営業時間:平日・午前10時00分より午後5時00分まで
土曜・日曜・祝祭日ならびに年末年始
お盆休み等は休業いたしますので、
返信等は翌営業日となります。
mail : murasaki@musashinoshoin.co.jp


ご案内

紫式部学会会員のみなさま
ならびに御関係者各位殿

 謹啓 時下益々ご清祥の御事とお慶び申し上げます。
 さて、このたび、紫式部学会事務局が、
鶴見大学日本文学科研究室内より武蔵野書院へ移りました。
移りましたと申しましても、かつて「むらさき」戦後復刊第三号(ママ・昭和39年)と
第四輯(昭和40年)発行時には、小社に「事務室」がございましたので、
あるいは「戻りました」という言い方もできましょうか。
 とまれ、鶴見大学日本文学科研究室内
(当初は鶴見女子大学日本文学研究室内)には約五十年の永きに亘り、
事務局がございましたので、これを引き継いだ私どもが、
すぐさま同じような運営ができるか、やや不安な点もございますが、
どうかみなさまのお力をお借りいたしまして、よりよい学会運営ができますよう、
努力してまいりますので、以後、御高配賜りますよう、
衷心より宜しくお願い申し上げます。
 末尾になりましたが、会員のみなさまの益々のご活躍を祈念申し上げます。

なお、会員のみなさまには、4月14日(金)に、
2017年度の会員証をお送りしました。
近々お手元に届くことと存じますので、
よろしくご査収ください。
また、紛失などされませんよう、
くれぐれもお気を付け下さい。


2017年4月15日                   武蔵野書院主 敬白

紫式部学会の新しいブログ準備中

2017年4月より、
紫式部学会のブログが移行します。
ただいま準備中です。

武蔵野書院内
紫式部学会 事務局

Appendix

プロフィール

blogmurasaki

Author:blogmurasaki
紫式部学会
昭和39年1月、久松〔潜一〕博士が当時会長をされていた紫式部学会の事務局が、文学部日本文学科研究室に置かれることになった。この学会は昭和7年に、源氏物語に代表される古典文学の啓蒙を目的として設立され、若き日の久松博士・池田亀鑑博士らを役員や講師に迎えて、雑誌『むらさき』の刊行、古典講座の開講など活発な活動を展開した。戦後も、加えて講演会の開催、源氏物語劇上演(歌舞伎座)の推進、研究叢書の刊行を行い、鶴見に事務局が移って三十年余、学外の源氏学者をも結集して、今に活動的である。昭和50年代初めより〔本学図書館で〕源氏物語関係書蒐集に重点の一つが置かれたのも、自然の流れであった。
(池田利夫「鶴見大学図書館蔵和漢古典籍の蒐書と展観」より)

【紫式部学会事務局】
101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11 武蔵野ビル

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR