Latest Entries

むらさき 第54輯 できました!

紫式部学会編輯「むらさき」第54輯ができました!
定期予約の方々には発送完了いたしました。
12月9日(土)開催の
「紫式部学会 平成29年度 公開講演会」
(講演会の詳細は下記をご覧下さい)
でも販売いたします。よろしくお願い申し上げます。

《内容》
巻頭言・雑誌「むらさき」の波紋…長谷川政春

源氏物語講演
源氏物語のことばと心─今も読み続けられる物語─…福嶋昭治
藤原定子をめぐって─一条天皇の辞世歌のことなど─…中島和歌子

研究
光源氏と夕顔物語─女君との関係性を中心に─…金 兌映
「男もすなる日記」再考─『土佐日記』と「競狩記」
「宮滝御幸記」の関係をめぐって─…アントナン・フェレ
『紫式部集』後半部の恋の贈答歌群についての試論…北原圭一郎
葵の上の「恥づかしげなり」
   ─語と語の組み合わせによる形容─…山口一樹

源氏物語玉手箱 Ⅴ
尾形月耕の工夫…高田信敬

研究余滴
甦る光源氏─〈須磨源氏〉から〈融〉へ─…石井倫子
紫宸殿の下は通れるか
   ─六百番歌合の本文と注釈に寄せて─…小川剛生
『源氏物語』はカノンだったか─国語学史の観点から─…矢田 勉
藤原道長と公卿…古瀬奈津子
源氏物語研究文献目録─平成28年分─…松本亜由美
紫式微学会だより
20171123 murasaki

むらさき 第54輯 
A5判並製・128頁 定価:2500円(税込)
編集:紫式部学会 発行:武蔵野書院



紫式部学会 平成29年度 公開講演会のご案内!

紫式部学会 平成29年度 公開講演会

日 時●平成29年12月9日〔土〕午後1時半開始(12時半開場)
会 場●東京大学 本郷キャンパス 文学部 法文2号館1番大教室
     東京都文京区本郷7-3-1
入場料●無料

開会の辞……藤原克己(紫式部学会会長)
講演:『伊勢物語』の成立と歴史的背景……内田美由紀
                      (帝塚山大学非常勤講師)
講演:『源氏物語』と歌の心・歌のことば……久保田 淳
                (日本学士院会員・東京大学名誉教授)
閉会の辞……高木和子(紫式部学会理事)


お問い合わせ先
 武蔵野書院気付 紫式部学会事務局
 電話03(3291)4859 FAX03(3291)4839

紫式部学会 平成29年度 公開講演会ポスターもできました!
すでに各研究機関や図書館には発送いたしましたが、
御必要な場合は、下記のPDFよりダウンロードできます。

紫式部学会 平成29年度 公開講演会ポスター のPDFダウンロードはコチラ
(少し時間がかかる場合があります)

H29 koukaikouenkai murasaki


第七回 紫式部学会源氏物語講座のご案内

本年度第七回「紫式部学会源氏物語講座」が開催されます。

日時:平成29年12月24日(日)
   午後1時30分開始(12時30分より受付いたします)
場所:〒153-8902 目黒区駒場3-8-1
   東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE East K212教室
                   (コムシー・イースト)
講師:東京大学准教授 田村 隆 先生
 ①どのテキストでも結構です。「須磨」の原文のあるものを
お持ちください。
「ゆゆしう思されぬべけれど」から始まります。
 ②会員証を受付でお示しください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

武蔵野書院気付 紫式部学会事務局

第六回 紫式部学会源氏物語講座のご案内

本年度第六回「紫式部学会源氏物語講座」が開催されます。

日時:平成29年10月29日(日)
   午後1時30分開始(12時30分より受付いたします)
場所:〒153-8902 目黒区駒場3-8-1
   東京大学駒場キャンパス 21KOMCEE East K212教室
                   (コムシー・イースト)
講師:東京大学准教授 田村 隆 先生
 ①どのテキストでも結構です。「須磨」の原文のあるものを
お持ちください。
「須磨には、年かへりて日長くつれづれなるに」から始まります。
 ②会員証を受付でお示しください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

武蔵野書院気付 紫式部学会事務局

紫式部学会 平成29年度 公開講演会が開催されます!

下記のとおり、紫式部学会 平成29年度 公開講演会が開催されます!

紫式部学会 平成29年度 公開講演会

日 時●平成29年12月9日〔土〕午後1時半開始(12時半開場)
会 場●東京大学 本郷キャンパス 文学部 法文2号館1番大教室
     東京都文京区本郷7-3-1
入場料●無料

開会の辞……藤原克己(紫式部学会会長)
講演:『伊勢物語』の成立と歴史的背景……内田美由紀
                      (帝塚山大学非常勤講師)
講演:『源氏物語』と歌の心・歌のことば……久保田 淳
                (日本学士院会員・東京大学名誉教授)
閉会の辞……高木和子(紫式部学会理事)


お問い合わせ先
 武蔵野書院気付 紫式部学会事務局
 電話03(3291)4859 FAX03(3291)4839

紫式部学会 平成29年度 公開講演会ポスターもできました!
すでに各研究機関や図書館には発送いたしましたが、
御必要な場合は、下記のPDFよりダウンロードできます。

紫式部学会 平成29年度 公開講演会ポスター のPDFダウンロードはコチラ
(少し時間がかかる場合があります)

H29 koukaikouenkai murasaki


源氏物語の小さな講座開催

源氏物語の小さな講座が下記のように開催されます。
事前申し込み【10.14必着】が必要です!

※詳細はこちらからどうぞ

源氏物語の小さな講座
主催:鶴見大学文学部日本文学科
後援:武蔵野書院
日時:平成29年11月4日(土)
    13時30分開講(12時30分より受付を始めます)
場所:鶴見大学図書館AVホール(地下)
講座:高田 信敬(鶴見大学学教授) 源氏物語の古筆切
   中野 幸一(早稲田大学名誉教授) 源氏物語の言葉と表現

定員50名までとなります(先着順)
聴講ご希望の方は、下記の要領でお申し込みください。

◎古典文学にご関心のある方でしたら、どなたでも結構です。
 お葉書にて、どうぞ。
 10月14日(土)必着でお願いいたします。
◎宛先は、
 230-8501
 横浜市鶴見区鶴見2-1-3 鶴見大学文学部日本文学科研究室
 「小さな講座」係

Appendix

プロフィール

blogmurasaki

Author:blogmurasaki
紫式部学会
昭和39年1月、久松〔潜一〕博士が当時会長をされていた紫式部学会の事務局が、文学部日本文学科研究室に置かれることになった。この学会は昭和7年に、源氏物語に代表される古典文学の啓蒙を目的として設立され、若き日の久松博士・池田亀鑑博士らを役員や講師に迎えて、雑誌『むらさき』の刊行、古典講座の開講など活発な活動を展開した。戦後も、加えて講演会の開催、源氏物語劇上演(歌舞伎座)の推進、研究叢書の刊行を行い、鶴見に事務局が移って三十年余、学外の源氏学者をも結集して、今に活動的である。昭和50年代初めより〔本学図書館で〕源氏物語関係書蒐集に重点の一つが置かれたのも、自然の流れであった。
(池田利夫「鶴見大学図書館蔵和漢古典籍の蒐書と展観」より)

【紫式部学会事務局】
101-0054 東京都千代田区神田錦町3-11 武蔵野ビル

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR